2016年2月18日木曜日

夢のような。



冬のティールーム展、お米農家やまざきさんへのチャリティバザー、森ゆにさんスペシャルバレンタインLIVE、無事に終了しました。

期間中、たくさんのお客さまにお会いできて、ぽんぽこおなかにも沢山なでなでしてもらえて、本当に嬉しかったです。

チャリティバザーの集計はこの後計算して、またご報告をさせていただきたいと思います。
中にはそのまままお預かりしているものもあるので、そちらは引き続きお店でご覧いただけます。

今回の企画展では糸に初めてお招きするお二人の作家さんに、真冬のお茶時間が楽しくなるような作品を作っていただきました。
田中友紀さんは、昨年のにわのわの次の日にお店に食事にいらしていただいたのが今回のご縁になり。
Zoozさんは糸ちゃんズみんなが大ファン。
毎日とても幸せな二週間となりました。

そして14日最終日のバレンタインLIVE。
糸でLIVEをするのはお店のオープニングに親しい友人を招いたパーティーを除けば初。
季節柄、インフルエンザの大流行と重なり、残念ながらキャンセルの方も多くなってしまう形となりましたが、当日まで参加の問い合わせをいただき、ちいさな喫茶室が至福の音楽室になった一時間でした。
いつもスピーカー越しに聴いていた曲。
たおやかで美しい歌声と、見惚れてしまう指先。
当日はあわあわと動き回っていましたが、次の日にふと思い出したら涙がうわーっと溢れてきました。
2月とは思えないあたたかさと、バレンタインの甘い香りと。
ゆにさんの歌声と音色。

かならず。
またいつかかならず。
お招きできる機会をつくります。
ゆにさんとだんなさまの玄さんにも撫でてもらったおなか。
あたたかい羊水のなかでぷかぷか聴いていてくれたかな。

本当にみなさま、ありがとうありがとう。

0 件のコメント:

コメントを投稿