2013年8月28日水曜日

中村恵子さんのお皿





糸をはじめるときに、どうしてもこだわりたかったことのひとつに、お食事で使う、うつわの存在でした。

手間や時間をじっくりかけたごちそうはまだまだ私には遠い目標で、
まず、はじまったばかりのお店で、来てくれた人に何でおもてなしができるかな、どうしたら満足してまたきたいなーとおもってもらえるかな、と考えたときに、すぐにできることが、空間の居心地と、ごちそうに「みえる」器を用意すること、でした。

つよしくんの実家の益子に帰るたびに、陶器市などで作家さんの器を探し歩いてもう何年になるんだろう。
そして、ライトミールスの写真でたびたび登場して、このお皿ほしいわーというお声をたくさんいただいているプレート。

中村 恵子さんのお皿です。
千葉で使っているのは糸が初めてだそうで、中村さんもうれしいとおっしゃっていただいたのですが、私もお客さんがこのお皿をほめてくれるとなんだか自分のことのように嬉しい。

自宅でもよく使っていて、昨日は嶋村さんの畑からたっくさんのバジルが届いたのでジェノベーゼを作って盛り付けてみました。
和でも洋でも料理が映えるので、とっても使いやすい。
いつか、このお皿も販売などができるようになったらいいなーと、ひそかに思っています。

::::::::

9月5日、新月の日。
糸は、いよいよ、正式に本オープンとなります。
と、いっても、プレオープンとはほとんど変わるところはありません。
ライトミールスは、徐々にメニューも変えながらいこうかなとは思っていますが、種類は1種類で続けてみようと思っています。

5日から、ほんの少しですが、赤司さんの桃を白ワインとハーブで似たジャムと、ジェノベーゼの瓶詰の販売もスタートします。
糸での物販「un fil」としての第一弾。
ドキドキします。
9月中には、ブレンドした糸オリジナルの紅茶の瓶詰や、益子の巨峰を使ったジャムも並べられるといいな。

私自身、とても来月からたのしみな毎日です。

9月もぽちぽちご予約をいただいています。
特に軽食は、数に限りがございますのでご予約をいただけることをお勧めいたします。

ではでは8月も残すところ、あと3日。
長月がまちどおしいなー。

0 件のコメント:

コメントを投稿